≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

I have to do what I have to do.

帰国してもう1ヶ月足らずが経ちました。
日本での生活は、それはもうすぐ馴染んで
オーストラリアにいた頃が、やっぱり夢のようです。




ホームステイ
語学学校
シェアハウス
ワインのテイスティングスタッフ
同棲
ファームでの住み込み
編集ライター。

書き出してみるとこんだけか?という感じですが
すぐには思い出せないほどの思い出や学びがそこにはありました。
それらは、自分でも知らず知らずのうちに
ものの考え方や捉え方など、生き方に大きく影響することとなり、
これからの私の人生も大きくかわるかもしれません。


ワーホリを終えて思うことは
行ってよかった。
この想いに尽きます。

親元を離れることで、生きていくことの大変さや
甘えていた部分が浮き彫りに思え、思い知ることができました。
また、帰る家がある有り難さ、親への感謝も再確認できました。
自炊により女の嗜みである料理も人並みにできるようにもなりました。
いろんな人にお世話になり、助けてもらい、または助け
人は助け合って生きていくんだ 支え合うものなんだと
奇麗ごとではなく、心から実感することができました。
遠方に友達ができました。日本ではあまり頻繁に会えませんが、不思議に絆があります。
また、大阪の友達の有り難さも感じることができました。何年経っても、しばらく会えずとも、かわらず続く友情は、私の宝です。
そして、誰よりも大切な人、相方と出会うことができました。この人なくして私のオーストラリア生活は語れません!というくらいに、影響をうけ、かわりました。もちろんいい意味でね。


自分で言うのもなんですが
私のワーキングホリデーは大成功に終わりました!
よかったよかった。
お世話になった皆さん、仲良くしてくれた皆さん、そしてオーストラリア
ありがとう!
感謝の気持ちでいっぱいです。





さて、このthe second stage。
書くことが好きで、写真が好きで、また、ワーホリ生活を残したい
という想いからはじめたこのブログは足掛け4年に突入しました。
ワーキングホリデーを目指したところから、渡豪までの準備、
ワーホリとは関係のないちゃいの私生活も織り交ぜながらも、オーストラリアでの生活などを綴ってきました。
読んでくれている人が居てくれて
また、読んだよとか、楽しみにしてるよ、と言ってくれる人もいたりして
本当に本当に嬉しかったです。
ありがとうございました。

ワーホリが終わったので、このブログもこれを機に終わろうと思います。
なんだか私にとってとても愛着のあるものだったので
寂しい想いでいっぱいですが、
このブログを始めた頃から、ワーホリが終わるまで と決めていたので
この日記で最後にします。

今まで、拙い私の文章、日記を読んで頂いて、本当に
ありがとうございました!


書くこと、写真を撮ることは好きなので
また違ったテーマ・コンセプトで、ブログを開設しようと模索中です。
また、よかったら懲りずに読んでください。

ではでは。
最後まで読んでいただいて、
ありがとうございました。
ブログは終わりますが、ワーホリで培ったものは一生私の中で生き続けることでしょう。

暑さが厳しい夏、お体に気をつけて。


Good luck☆





スポンサーサイト

| epilogue | 22:23 | コメント(-) | trackbacks(4) | TOP↑

≫ EDIT

更新

気づいておられる方もいらっしゃるかもしれませんが
帰国旅行を更新しました。
よかったら読んでみてください


シンガポール1日目

シンガポール2日目

プーケット1日目

プーケット2日目

プーケット3日目

バンコク

| ☆Diary | 18:18 | コメント(-) | trackbacks(1) | TOP↑

≫ EDIT

帰国

無事日本に帰国しました。

「ただいま!」

仕事は終わってからはほんとにあっ!という間に過ぎてしまいました。
たくさんいい思い出が出来たし、とっても楽しかったので
これからゆっくり振り返りながら更新しようと思っています。


今回の帰国は、昨年のファーストワーホリとは違い
途中から降って湧いた、重い使命がありました。
辛かったけど、当たり前にあるものとして感じていたことを、当たり前ではないことに
またたくさん気づくことが出来、それを大切にすること
いろんな人に、いろんなことに、感謝をすることをまた学ぶことが出来ました。

心配してくださった皆さん。
ありがとうございました。
おかげさまで回復に向かってます。
ご心配をおかけしました。


まだ携帯もない状態で
まだまだ生活準備は整ってはいませんが
徐々にまたここに根をはって、しっかり楽しく生きていこうと思います。




| ☆Diary | 21:26 | コメント(-) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

バンコク


旅行の最終日、バンコク。

ばいくがいっぱい

想像していたよりも都会だったけど
貧富の差がすごそうです。目の当たりにすると、やはりへこみます。

↓これは電車の切符です。ただの黒色のプラスチック。
ぷらっちっく
この間あったデモのせいか
電車に乗るにもきんこんゲートを通りました。

グリーンカレー。
げきかれー
辛すぎてルーがめちゃくちゃあまりました。
ファミレスでこのグリーンカレーを食べたのですが
店員さんが3人いて2人おかまちゃんでした。
タイはすごくおかまちゃんが多いらしいです。
食べてるときに、私の足下にムカデがでて
おかまちゃんがキャーキャーいいながら退治してくれました。

そしてワットポーというお寺へ。
このお寺はマッサージの仏様がいます。
この方です。
まっさーじの
寝仏。
神様

このお寺はタイ式マッサージの学校にもなっていて
マッサージも受けられます。
なのでもちろん受けました。

ストレッチっぽい感じで最初はちょっと痛い…と思ってましたが
うつ伏になってから爆睡。
「スイマセーン」と何回も言われてるのに起きず
相方に肩をばしばしされてやっと起きました。よだれ全開。
めちゃすっきり。もっと長くしたらよかった。

そして街を散策。
商店街
またマンゴーを見つけたので食べました。やっぱ美味しい!
マンゴーうまし

さて、時間がきてしまいました。
旅行が終わってしまいます。
飛行機に都合で相方より一足先に一人で日本に帰国です。
ワーホリがほんとのほんとに終わります。
地球は青かった
帰りは久々のJAL航空。
最近は安さ重視でジェットスターとかに乗ってたから
改めてJALのサービスの良さに感激してひとりで大興奮。
お客さんが少なく、隣もいなかったので
小さい声で「すげ~」とか独り言いいながら
ゲームしたり映画見たりしてたら飛行機で一睡もしてませんでした。
しかも見たかった映画があったので真剣に見てたら
3回も号泣してしまいました。
そんなこんなであっという間に
母国 日本に到着していました。

| ☆旅 | 17:35 | コメント(-) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

プーケット3

プーケット最終日は離れ小島に行きました。
ピピ島。
行きしなのボートではこんな感じに雲がはってましたが
ゲイ三人組がいました…観察

着いたら晴れてました☆最高です!
晴れたよ
シュノーケリングをしました。
海の水はそんなに冷たくなく、心地いいくらいの温度で
ぷかぷか気持ちよかったです。
途中、すごい接近してくる魚がいるなあ と思ってたら
相方曰く コバンザメ。
20センチくらいの小さい奴だったのですが
近くにコバンザメが付いてたサメでもいるんではないか…そわそわしましたが大丈夫でした。
が、しかし、このコバンザメになんと噛まれました。
結構痛い!
「痛っ」と思って見てみたらコバンザメがまた噛もうと大接近。
なんとかぐるぐる体を回転させて追い払ったら
今度は相方が「痛っ」って言ってるし 笑
3回くらい噛まれました。ちょっと腫れたし。

海の家でランチ。
フルーツジュースうまし
人もあんまり多くないし、奇麗な海を見ながらのランチ、カフェは最高です☆
海辺のごはんは最高です

なかよしちびっ子


ピピ島からプーケットに帰ってきて夕食。
昨晩も食べましたが
もっと奮発して生きた伊勢エビを調理してもらうことに。
↓選んだ伊勢エビさん。
ごめんね…いせえびさん
お刺身で頂きました。
ちょっと動いてたよね
味は言うまでもなく うまし!甘くてぷりぷり。美味しかった。
お頭はトムヤンクンのスープにして頂きました。いいダシでてたよ。

次こそバンコクへ☆

| ☆旅 | 22:45 | コメント(-) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。